ヘアカラー前にはパッチテストを

数あるヘアカラーリング剤の中でも、最も長持ちするヘアカラー。

コストの面で言っても、手間隙の面で言っても、最も有効な商品といえるでしょう。

そのため、使用している人の数も非常に多いカラーリング剤です。

ただ、それだけ長持ちするということは、少なからず刺激が強いことを意味します。

人体への影響を懸念せざるを得ない商品であるという面も、購入前にはしっかりと頭に入れておかなければなりません。

その上で、使用前には「パッチテスト」を行うことを強くおすすめします。

パッチテストというのは、皮膚アレルギー試験のことです。

一定以上の刺激がある化粧品や薬剤を塗布する場合には、必ずこのパッチテストを行い、アレルギー反応がないか調べます。

ヘアカラーもその範疇に入っているということですね。

皮膚アレルギー試験と聞くと、怖いイメージを持つ人もいるかもしれませんが、実際には多くの化粧品等で実施を呼びかけられているテストで、そこまで難しいものでもありません。

ヘアカラーのパッチテストも非常に簡単にできます。

まず商品の使用説明書を読み、テストに必要な量のヘアカラーを綿棒で取り、小皿に入れます。

それを腕の内側に、半径2~3cm程度の円をイメージして薄く塗り、自然乾燥させます。

その後、48時間放置して経過をみます。

問題がなければ、ヘアカラーで毛染めをしても大丈夫です

もし、この時点で塗布した部分、あるいはそれ以外の部分に何か異常があれば、パッチテストに引っかかったことを意味します。

その場合、その商品は合わないということなので使用は控えましょう。

ヘアカラー前の準備

パッチテストで異常がなければ、いよいよヘアカラーを本格的に塗布することになります。

ただ、髪染めはヘアカラーリング剤だけあればできるというものではありません。

事前にいくつかの準備が必要です。

まず、用意すべき物がいくつかあります。

絶対に必要なのは、タオルやティッシュペーパー、新聞紙等の下に敷くものです、。

体や服を汚したくない場合は、ケープも用意しましょう。

ヘアカラーの場合は、毛染め後のシャンプー、トリートメントも必須です。

非金属性のクシや輪ゴム、油性のクリーム等があると、さらにカラーリングがしやすくなります。

時間を見る必要があるので、時計や携帯電話も近くにあると良いでしょう

準備としては、基本的に髪を事前に洗う必要はなく、よほど汚れていない限り、毛髪はそのままでOKです。

ただし、パーマを掛けている人は、パーマをあてた直後は髪染めは控え、1週間ほど待ちましょう。

乾いたままの髪で、クシを使ってほどよくとかしておくと染めやすくなります。

身支度に関しては、ケープが一番有効です

無い場合は大きめのタオルで代用しましょう。

床を汚さないように新聞紙などを敷いて、耳や首等にコールドクリームを塗布し、手袋をはめれば、準備はほぼ完了です。

注意点は、ピアスやネックレス、指輪、イヤリング等のアクセサリーは事前に外しておくということです。

メガネも必ず外しておく必要があります。

理想をいえば、室温にも気を配り、20~25度に設定するとより染めやすくなります。

ヘアカラーのノズル別特徴

実際にヘアカラーを使用する前に、まず購入した商品をもう一度確認してみましょう。

中身に関しては、既に自分が検討を重ねた上で選んだ物なので、問題ないでしょう。

問題なのは、その商品の上部。

いわゆる「ノズル」と呼ばれる部分です。

ヘアカラーは、ここがどんな型なのかによっても、使用感や使用法が変わってきます

とはいえ、どのタイプだとダメということはありません。

それぞれの特徴と使い方を学び、しっかりと使えるようになっておきましょう。

ヘアカラーのノズルには、「クシ型」「コーム型」「ノズル型」「ワンプッシュ型」等があります。

クシ型は、キャップの上部方向に向けて、クシがついているというタイプになっています。

そのため、塗布しながら髪を梳き、満遍なく染料を毛髪に広げることができます。

スタンダードな形で、誰でも簡単に使えるタイプですね

コーム型は、クシ型と同じくヘッドがクシになっているタイプですが、こちらは横向きにクシがついている形です。

「スムーズコーム」と呼ばれるタイプが多く、クシ型と違って横向きなので、容器を下に向けて染料を出しながら…というわけにはいきません。

容器を握り、押し出す格好で染料を出し、といていくことになります。

力の加減が難しいため、中~上級者向きです。

ノズル型は、そのままノズルがヘッドについている、ある意味最もシンプルなものです。

頭に直接注入する形になります。

部分染めには最適ですね。

ワンプッシュ型は、シャンプーやハンドクリーム等でおなじみの形です。

出し過ぎることがない反面、一度のプッシュで出した量を上手く広げる必要があります。

タイトルとURLをコピーしました