ダンベルトレーニング

ダンベルトレーニング

ダンベルトレーニング

2019年5月25日

トレーニング不足の方やより一層パワーUPを目指しておられる方におススメしたい筋トレがありますので紹介します。

ダンベルを使った筋力トレーニングをします

ダンベル一つで数か所を鍛えることができてパワーUPできたら如何でしょうかですか?ダンベルは立地をとるような道具だとしてもありませんし、自分の好みな重量にも調節することが出来る道具ですので、筋トレでは基本の道具となっています。

この道具を利用することによって、どの箇所の筋トレが出来るのかも説明しておきます。

一番鍛えたい立地の多くが腕といわるれ方が沢山ですが、当然ダンベルで出来ます。

太くたくましい腕は女の人も思わず見てしまう、男性の体の箇所だといわれています。

夏なんかは半袖のシャツから見えるたくましい腕はアピールポイントですね。

次に目立つ立地が大胸筋です

胸板を厚くして男らしさがUPします。

胸板は薄っぺらいとどうしても頼りがいの内容に見えてしまうと答える女の人が沢山ですので、バキバキの胸までにする必要はありませんが、あるくらいのたくましさまではあったら嬉しいとこです

ダンベルでは背筋も鍛えることが出来ます

背筋は難しい筋肉のようで、案外筋肉のつき易い箇所ですので、やりがいを感じ易い箇所だとしてもあります。

背筋を刺激することによって、肩幅も大きく見えてくるメリットもあるでしょうから、体を大きく見せたい方には大切な筋トレポイントだとしてもあります。

筋トレは容易なようで難しいですが、やった収穫は少なくてもでます。

続けることが大切です。

マッチョになるために

男性でマッチョに憧れている人は少なくありません。

しかしながら、そこまでのトレーニングができず断念したり、頑張っても理想のマッチョになれない方が多くいらっしゃいます。

では達成者の方々はどんなふうにされているのでしょうか

当然筋力トレーニングもされていらっしゃいますが、それ以上にお食事に気を付けていらっしゃることが分かっています。

理想の体型がどの程度なのかで変化してきますが、おもいっきりマッチョになろうとするなら、栄養価の高い食品を摂取しましょう。

特にプロテインに入っているような栄養分でタンパク質や炭水化物、脂質等が大きく関係してきます。

これら全部をお食事で摂取しようとしてもなかなか食すことだけでは追いつかないのが現状です。

そこでプロテインが必要なって、プロテインを飲まれている方が沢山のです。

お食事で取り投入するにはお食事の量が増えますし、食す部類を毎回管理するの元ても大変です。

プロテインなら必要なものが摂取出来ますがかんちがいをしてはいけないところもあります

プロテインに頼りすぎること言うのはいけません。

いくらなんだとしてもお食事をせずにプロテインだけで栄養がとれるわけはありません。

これはあくまで補助食品として利用して下さい。

食すことの出来ない時間帯や、この度のお食事では明らかに栄養分が足りなかったとおもえるようなシーンで皆さん使用されていますから誤解してはいけません。

マッチョなってにはトレーニングとお食事のバランスが必ず必要になってきます。