ダンベルで鍛えることができる部位

ダンベルで鍛えることができる部位

ダンベルで鍛えることができる部位

2019年5月24日

自宅にも手がるに置いておけるトレーニング道具としても大好評が高いダンベルの紹介です。

ジムに置いてある筋トレ道具の中だとしても自宅に置いておけそうなものがあれば、自分の空き時間にもトレーニングが出来ますね。

では、このダンベルでどんな筋肉を鍛えることが出来るのかをお教えしていきます。

大きな筋肉の大胸筋、背中から腰、上腕二頭筋や上腕三頭筋、腹筋等沢山の筋肉を鍛えることがダンベル一つでできてしまいます、。

ジムのマシン等を利用した場合当然これらの箇所一つ一つの専用のマシンがありますが、実はダンベル一つを利用することによって自宅で容易にやってしまうことも出来ます。

大胸筋の鍛えかたとしては仰向けに寝そべり腕を垂直にあげます。

その手にはダンベルを持ち上下させることで胸の大きな大胸筋を鍛えることになります。

これを自宅で出来るダンベルベンチプレスと呼びます

次に背中から腰を鍛える方式として、椅子に右足を膝でつき少しばっかり前かがみになります。

左手でダンベルを持ち背中と腰に負担がかかる体制を保ちダンベルを下から引っ張り上げる機動をします。

これで背中から腰に掛けて鍛えていくことが出来ます。

次に肩を鍛える方式として、肩幅の位置で立ちダンベルを両手で持ちます

この時に腕で上げるのではなく、肩だけを使いダンベルを上下に動かして下さい。

上腕は説明しなくても分かるでしょう

ダンベルの本質的な扱い方ですね。

腹筋は一般に腹筋していただいて結構です。

その際に胸にダンベルを抱え重量で負荷をかけてあげましょう。

最強の体作り

もっとも強い体を創りましょう。

男性なら大きい筋肉をつけるお目当てでトレーニングに励む方もいれば、細くスタイルのいい程良い体系を創る為にトレーニングされたりとお目当てによって体の作成法も変化してきます。

女の人は男性と比べると筋肉の付きずらいので男性と比べるとより一層努力が必要になってきます。

女の人だとしても見せる筋肉をつけたいのか、それとも細く引き締めることをお目当てとしてトレーニングをおこなうのかで、これも変化してきます。

お目当ての体でトレーニングの手法が変化してきますね。

体の作成法でトレーニングだけでなく食習慣も変更する変更することも必要となってきますので、これも大変です。

体のラインが細い方で大きな体を創ろうとしたケースに、まず脂肪を付けなければ大きくなれませんから、脂質やタンパク質や炭水化物を多く取り投入することをしなくてはいけません。

これらの栄養分を体に吸収させ、トレーニングをおこなうことで大きく鍛えぬいた体が出来上がります。

逆も考えられます、太い体の方が細く引き締まったっ体にしたいのであるのなら、脂質やタンパク質、炭水化物を抑制することをしましょう。

これを追究していくことで、磨きのかかった体を創ることが出来ます

力強い体、最強の体を創りたいなら十分な栄養分を摂取し、お食事で足りない分をプロテインで補うことをすることによってより一層効き目がでます。

トレーニングも自分の限界の重量で筋肉を傷めつける寸前まで追い込みます。

これを繰り返すことで最強の体が手に入るかも知れません