ダンベルの使い方

ダンベルの使い方

ダンベルの使い方

2019年5月23日

ダンベルを使い筋力UPをしようとしても、なかなか収穫のでないかたいらっしゃいませんか?ダンベルを利用した場合筋肉に負荷をかけることで、筋肉を一度痛め付けリカバリーさせることを繰り返すときに筋肥大と超リカバリーをおこなう事で、筋肉は大きく成長していきます。

こんな筋肉のリカバリー時間を儲けることもしないと筋肉量のUPには繋がりません。

ただひたすら毎日トレーニングをして筋肉がパンパンになるでしょう。

これだとしても筋肉にはなりますが、これを続けるだけなら太くはなりません。

なりずらいです。

理由としては、先ほど説明しましたが、筋肉は痛め付けてリカバリーさせなければなりませんでしたね。

毎日パンパンにトレーニングしていては痛め付けて痛め付けてを繰りかえしているだけですので、意義はありますが効きお目当てと言うのは言えません。

急いで効き目があったら嬉しいとテンションは分かりますし、やっていくうちにトレーニングが楽しいのも分かります。

しかしながら、テンションを抑制し体を休める時間もないと達成者にはなれません。

それだけならいいですが、最悪では大怪我になるケースもあります。

スポーツ競技のワールドで言われるオーバーワークを耳にしたことがないでしょうか。

体力や筋力UPの為にとやり通り越した帰結が逆に体力低下、筋肉を痛め付けたと最悪な帰結になることです。

こんなようではやらない方がまだましです。

テンションと体は必ず繋がっているとも限りませんから、体の事を考えきちんとトレーニング法と筋肉に対しての知識を研究しておきましょう。

筋トレの秘訣

筋トレでは、筋肉の筋肥大をさせない事には大きな筋肉として成長しません。

ガムシャラにしていてもおもうような効き目がでること言うのはないのです。

これはダンベルを使った筋トレだけに限らず全部のトレーニングに共通しています

ガムシャラに筋トレをしている方は、この度お教えしたい秘訣は直ぐに実行出来ます。

理由は容易で、休む事ですのです。

なかなか筋トレをしていない方は、筋トレから始めなければなりませんが、逆に筋トレをすでにできておられる方は、休むことをとりいれることでさらなる筋力UPが出来ます。

筋肉を休ませてリカバリーさせます。

そして、筋肉の筋肥大が滑り出するので、これがチャンスですのです

限界まで追い込んだ筋肉は細胞がボロボロの有り様になっているとお考え下さい。

限界まで追い込んだ筋肉をより一層追い込んでしまうと内出血を起こしたり筋断裂を起こしたりしてしまいますから、その前に筋トレを中止してリカバリーさせてあげるのです。

人間の体は強いもので、修復を勝手に始めますから自分の体でトレーニングの時間とリカバリーの時間を捕捉しておかなくてはなりません。

ありのままに格闘家やスポーツ競技選手もこのリズムは守ってトレーニングをされています

ボディビルダーの方も同じです。

私たちは同じ人間ですので、何もちがいはありません。

どんなふうに鍛えていくかのちがいがあるだけですので、必ず憧れの体になれます

体力をつけるとなると日々のこつこつとしたスポーツが必要ですか、大きな筋肉はまた別の物ですのです。