ダンベルの重さ

ダンベルの重さ

ダンベルの重さ

2019年5月22日

トレーニングにはダンベルの重量はかなりの大切ポイントになります。

自分にしっかりと合った重量を選ばなければなりません。

軽すぎるダンベルをいくら利用しても効き目が出ませんし、逆に自分の筋力以上のダンベルを利用しても数回しか出来ないなら意義がありませんし、最悪ケガをおこなう見込みだってあります

きちんと扱い方で自分にしっかりと合った重量の物を選びオーダーすることから初めましょう。

当然ですが、男性と女の人で利用する重量は変わります。

全くの初心者の方がオーダーし利用するケースには、最大10キロのダンベルで、1,25キロのプレートが4枚、2,5キロのプレートが2枚の10キロのダンベルで十分でしょう。

これなら男性だとしても最大10キロでトレーニング出来ますし。

女の人の方だとしても、1,25キロを両端に着けることで、2,5キロから始めることが出来ます

特にご夫婦で兼用して利用される予定の方には、この重量のダンベルがおススメです。

ダンベルの大半が1,25キロのプレートが数枚ついているので、女の人だとしても利用することが出来ますが、無駄に最大30キロや40キロのダンベルのオーダーをおこなう必要はありません。

男性だとしても本格的に利用する方の重量ですので、一般男性がこの重量をオーダーするまでは無いとおもいます

重いものになるとオーダーする額面も当然高くなりますから、無駄な買い物になる見込みもあります。

1,25キロのプレートがついていることを確かめたら女の人は使えます。

そして男性は自分の筋力に合わせて重量を検討してみて下さい。

筋トレの限界

筋力UPをお目当てとし筋トレに励んでいらっしゃる方は沢山ですが、筋トレには二つの限界があります。

一つはやっても効き目が出なく諦めを意義する限界。

もう一つは自分に出来る体力や筋力の限界まで追い込む限界があります。

この二つの限界では意義が全然ちがいますね。

マイナス面の限界と自分の最高の位置まで追い込むプラス面の限界では全く逆です。

しかしながら、考え方としてはマイナス面の限界も不正解と言うのはいえません

やってもやっても収穫が出ないことに気づいている時点でまだ救いようがあると言うことです。

これで効き目が無いとわかったことがあるのなら、それと言うのは別のことに切り替えてみればいいしかないことです。

やってきたことを無意義だったと思っているのであるのならば、それは一回全部辞めてみることですね。

おもい切断して新しいことに全部変更する勇気も必要です

それだとしてもう一度自分の限界まで追い込んでみると案外容易に収穫が出るかも知れません。

何をおこなうにも収穫がないと維持すること言うのは出来ないでしょう。

どれだけテンションが強い人だとしても少しばっかりのチェンジを楽しむことを期待していますから、全くチェンジが無いといくらテンションの強い人だとしても限界を感じ取れること言うのはあります。

仮に自分の限界が存在したとしても人間は限界を超えることが出来ます

ご自分の精神力、メンタル力にかかっています

限界を感じたことが無いと言う人はいませんね

仮にいたとしたらその人は何かにおもいっきり打ち込んだことがない人だとおもいます。

誰だとしても挫折はありますし、大きな壁にぶち当たります